多くのやりがいがある

看護師は責任が重く忙しい仕事です。しかし、だからこそ、やりがいを多く感じられる仕事なのです。ここでは、看護師がやりがいを感じる瞬間について具体的に紹介していきます。

多くのやりがいがある
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

患者やそのご家族と接する中で

病棟で働く看護師は、入院患者ができるだけ快適に過ごせるようにサポートをする役割を持ちます。容態が急変した場合には素早く対処しなければなりません。これらは非常に神経をすり減らす作業です。重症患者であればより一層緊張感は高まります。そんな中で、患者から直接「いつもありがとう」と感謝の言葉をもらえるときがあります。これは、一所懸命患者のために取り組んでいる看護師にとって、最高のやりがいとなる瞬間です。
また、患者本人だけではなくそのご家族に対するケアも重要な仕事です。不安な気持ちを抱えているのは本人だけではなくそのご家族も同様です。患者本人にご家族が不安な気持ちを打ち明けることはできませんし、そんなときに相談相手となれるのが看護師なのです。このようなときに丁寧に話を聞いてあげれば、ご家族の負担を減らすことができます。患者からだけではなくそのご家族からも「あなたがいてよかった」と言ってもらえると、本当に看護師をしていてよかったという気持ちになります。
また、患者が回復していく様子を近くで見守ることができるのもやりがいのひとつとなります。入院してくる患者は、当然ながら健康に問題があります。手術が終わったばかりの患者は特に体力が落ちている状態です。そのような患者が日に日に健康に近づいていく姿をみると、状態が悪いときを知っているからこそ、「ここまで元気になったのだな」と実感することができます。これは、いつも近くで接している看護師だからこそ感じられるやりがいです。

患者やそのご家族と接する中で

業務を遂行していく中で

看護師の基本的な仕事として、清潔ケア、採血、点滴のルート確保などがあります。多くの患者を相手に行いますので、スピーディかつ正確に進めていかなければなりません。働く中で鍛えられていき、いずれ最初のころよりもはるかにスムーズに行える自分に気づき、やりがいを得ることができるでしょう。また、これらの業務をスムーズに行えるのは、患者にとっても快適な環境です。
また、ある程度経験を積むと後輩を指導する立場になります。後輩を成長させるのは、自分が成長することとは勝手が違います。そのため戸惑うことも多いでしょう。しかし、根気よく指導をしていけばいずれ後輩は看護師として立派に成長します。そうすれば大きなやりがいを感じられるとともに、自身の人間的な成長にもつながります。

業務を遂行していく中で