チーム医療の一員として働く魅力

患者の病気や怪我の治療に必要な画像を撮影する放射線技師は、チーム医療の一員として医師や看護師と連携しながら活躍していきます。特に、緊急性の高い救急医療機関では素早く正確な画像診断が求められます。責任の重い仕事ではありますが、患者の健康を守るために力を発揮するやりがいの多い仕事です。

チーム医療の一員として働く魅力
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

医療チームの一員として患者を助ける

病院などの医療機関で働くので、日常的に患者の命にかかわっていくことになります。そのため、誰かの役に立っているという実感を得やすい仕事です。健康診断などでレントゲンを撮ってもらうときに、放射線技師から声をかけてもらった経験のある人も多いでしょう。放射線技師はただ機器を操作して撮影すればいいというわけではなく、患者とのコミュニケーションも大切な仕事のひとつです。例えばがん治療を行う部署に配属された場合、継続して同じ患者とコミュニケーションを図ることになります。不安な気持ちを抱えている患者に対して柔らかく接し、心身の負担を減らしてあげることが大切です。患者から直接「安心して検査を受けることができました」と声をかけてもらえることもあります。このような言葉をかけてもらったときに、より一層の充実感を得ることができます。
そして医師と連携しながら放射線を用いて検査や治療を行っていきます。生死にかかわる難しい作業もありますが、このような緊張感のなかで自身の撮影した画像や医師と連携して行う治療を通して状態の良くなった患者の姿を見たときには、非常に大きなやりがいを得ることができます。

医療チームの一員として患者を助ける

将来性も高い

上記のように患者の近くで放射線治療を行うほかにも、医師の診断のために検査したデータをまとめる作業も重要な仕事です。これには丁寧さが求められます。正確な画像や検査データを抽出することで、患者の回復に大きく貢献することができます。診断結果によって、病気の早期発見・治療につながるのです。そのため、医療現場にとってなくてはならない存在として、意義を感じながら仕事を続けていくことができます。需要も安定しており、24時間体制の夜勤が発生する病院であれば高い給与も期待できます。最近ではレディースクリニックの増加により女性放射線技師の需要も高まってきました。マンモグラフィーによる乳がん検査において活躍します。そのため男女関係なく活躍できる医療職として、今後も需要は安定して続いていくでしょう。
このように、人の役に立っているという充実感と良い待遇を得られるのが放射線技師の魅力です。

将来性も高い